【宅配型】国内用のWiFiルーターレンタルサービス紹介

WiFiルーターのレンタルサービスは、大きく分けて2種類あります。一つがその場でレンタルする店舗型、そしてもう一つが宅配便で届く宅配型です。

今回は、日本国内で使えるWiFiルーターのレンタルサービスの中でも、宅配型のお店を紹介します。

⇒関連記事:【店舗型】国内用のWiFiルーターレンタルサービス紹介

宅配型のWiFiルーターレンタルショップ一覧

WiFiレンタル本舗

WiFiレンタル本舗

格安のレンタル料金で人気のWiFiレンタル本舗では、ワイモバイルのWiFiルーターが1日360円、WIMAX、ソフトバンクのWiFiルーターが1日430円からレンタルできます。

ワイモバイルは通信制限5GB/月、WiMAXは通信制限なし、ソフトバンクは通信容量30GB以上保証の大容量で使用できます。

更に、ポイントが10%貰えるので2回目からはWIMAX、ソフトバンクも1日400円を切る金額でレンタル可能です。レンタル料金は最も安い部類に入るでしょう。リピートする可能性があるなら特にお勧めできるレンタルショップです。最短で注文翌日に届く配送の早さも魅力です。

⇒関連記事:WiFiレンタル本舗でWiFiルーターをレンタルしてみた

WiFiレンタル本舗でレンタルできるWiFiルーター

WiFiルーター レンタル金額 通信制限 通信速度
Y!mobile GL06P 360円/1日 2160円/1月
(10%ポイント有り)
5GB/月 受信75Mbps
送信25Mbps
WiMAX NAD11 430円/1日 6450円/1月
(10%ポイント有り)
無し 受信110Mbps
送信10Mbps
SoftBank 303ZT 430円/1日 6450円/1月
(10%ポイント有り)
30GB~50GB/月 受信187.5Mbps
送信37.5Mbps

公式サイトはこちら
http://wifi-honpo.com/

WiFiレンタルどっとこむ

こちらも格安のレンタルショップとして人気のWiFiレンタルどっとこむ。古くからWiFiルーターのレンタルサービスをしている老舗のお店です。

同グループで海外用のWiFiルーターレンタルもやっており、グループ合計の利用者は500万人以上と利用者が多いサービスです。

取り扱い機種が多く、他ではなかなか扱っていないドコモもレンタルが可能です。通信制限は月間5GB~無制限まで機種によって違います。

こちらは特に1ヶ月レンタルでの金額が安いので、長めに使う方におすすめです。

⇒関連記事:WiFiレンタルどっとこむのレンタルWiFiルーターを羽田空港で受け取る手順

WiFiレンタルどっとこむでレンタルできるWiFiルーター

WiFiルーター レンタル金額 通信制限 通信速度
ドコモ E5383 350円/1日 5480円/1月(無制限)
1200円/1日 2730円(5GB/月)
2コース有り
無制限
5GB/月
情報無し
SoftBank 501HW 432円/1日 6480円/1月(無制限)
1350円/1日 3570円/1月(7GB/月)
1500円/1日 4410円/1月(10GB/月)
3コース有り
無制限
7GB/月
10GB/月
情報無し
SoftBank 303ZT 432円/1日 6480円/1月 無制限 情報無し
SoftBank E5383 432円/1日 6480円/1月 無制限 情報無し
SoftBank MF920S 1200円/1日 2730円/1月 5GB/月 情報無し
SoftBank 601HW 1400円/1日 3670円/1月 7GB/月 情報無し
WiMAX WX02 432円/1日 6048円/1月 無制限 情報無し

公式サイトはこちら
https://www.wifi-rental.com/

グローバルモバイル



グローバルモバイルは、ソフトバンクのWiFiルーターのみを取り扱っているレンタルサービスです。レンタル料金が1日480円で、通信制限のないWiFiルーターがレンタルできます。

こちらのお店は割引やキャンペーンが頻繁に行われていて、現在は7日間以上の利用で往復送料が無料になるキャンペーンが開催されています。キャンペーンを利用すれば、他のショップより安く利用できるでしょう。

通信速度も501HWが下り最大187.5Mbps、601HWは下り最大350Mbpsと非常に早く、スペックはかなり良いです。

⇒関連記事:グローバルモバイルのソフトバンクWiFiルーターをレンタルしてみた

グローバルモバイルでレンタルできるWiFiルーター

WiFiルーター レンタル金額 通信制限 通信速度
SoftBank 501HW 480円/1日 6000円/1月 無制限 受信187.5Mbps
SoftBank 601HW 480円/1日 6000円/1月 無制限 受信350Mbps

公式サイトはこちら
https://www.gmobile.biz/softbank/

WiFi東京レンタルショップ



WiFi東京レンタルショップでは、ワイモバイルの機種のみ取り扱っています。

レンタル料金は1日540円と他のショップに比べて若干割高ですが、2週間プランがあり、2週間(14泊15日)で4320円となります。2週間プランがあるところはほとんどないので、2週間前後のレンタル予定の場合はこちらが一番安く利用できるでしょう。

また、他のショップと違って唯一銀行振り込みに対応しています。他のショップはクレジットカード払いのみなので、銀行振り込みで支払いたい場合はWiFi東京レンタルショップを利用しましょう。

WiFi東京レンタルショップでレンタルできるWiFiルーター

WiFiルーター レンタル金額 通信制限 通信速度
Y!mobile 502HW 540円/1日 4320円/15日 7020円/1月 無制限(アドバンスモード)
7GB/月(標準モード)
受信187.5Mbps
送信37.5Mbps

公式サイトはこちら
http://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/

宅配型のWiFiルーターレンタルショップのメリット

レンタル料金が格安

宅配型のWiFiルーターの一番の利点は、店舗型に比べてレンタル料金が格安なことです。

店舗型ですと相場は1日1000円~1300円程度ですが、宅配型は1日400円~600円程度と非常に安いです。長期で借りる場合も、店舗型には長期プランが無いところも多いですが、宅配型ならほとんどのお店で長期用の割引プランが用意されています。

宅配型は往復送料がかかるという点もありますが、それを考慮しても宅配型のWiFiルーターレンタルの方がはるかに安くレンタルできるのです。

機種やプランが豊富

店舗型のWiFiルーターレンタルショップは、取り扱い機種が1~2機種しかないというお店が多いです。しかし、宅配型なら数機種を扱っているところも多く、好きなキャリアを選ぶことができます。

また、通信制限があり安い機種、通信制限が無い機種など目的に応じて選ぶことができます。

在庫切れが起きない

宅配型のWiFiルーターレンタルは、ウェブ上で注文した時点で予約が完了するため、予約後にWiFiルーターが届かないということがありません。店舗型のお店だと、予約はできませんし、店舗まで行ったら在庫切れだったということも起こります。

WiFiルーターはすぐに必要になったり、予定に合わせて借りるといった場合が多いため、好きなときにレンタルできるというのは大きなアドバンテージです。

受け取り・返却が簡単

宅配型のWiFiルーターレンタルは、宅配便で受け取ってレターパックもしくは宅配便で返却するというのが一般的です。自宅にいながら受け取れますし、返却はレターパック形式なら街のポストで返却ができます。

店舗型だと、店舗まで行って使い終わったらまた店舗まで返しに行かなければなりません。家の近くに店舗があるのなら良いですが、それ以外だと受け取り・返却が面倒でしょう。

日本全国対応

宅配型のお店なら、日本全国へ配送ができます。どこに住んでいてもレンタルできるので、周りに店舗型のお店が無い人でも利用することができます。

店舗型のお店はまだ東京などの主要な都市くらいにしかなく、地方にはあまり無いため、近くに店舗の無いエリアは宅配型を利用することになるでしょう。

宅配型のWiFiルーターレンタルショップのデメリット

届くのが早くても翌日になる

宅配型のサービスは、その名のとおり宅配便で送られてくるので、手元に届くのは早くても翌日になります。それでも十分早いのですが、当日すぐに必要という場合にも1日待たなければいけないことになります。

ただ逆に言えば、当日に必要なわけでないのならこのデメリットは関係ないですね。

往復送料がかかる

宅配型はレンタル料金は安いですが、往復の送料が必要になってきます。どのショップもだいたい1000円前後かかってくるので、1日~2日くらいしか使わないなら料金は割高になります。そういった短いレンタル期間の場合は、店舗型のショップの方が安上がりになるかもしれません。

なお、中には往復送料が無料のキャンペーンを行っているお店などもあるので、キャンペーンをうまく利用すればかなり安くレンタルすることも可能です。

宅配型のレンタル手順

ウェブ上から申し込みをする

宅配型のWiFiルーターのレンタル手順は簡単です。まずウェブ上から申し込みをしましょう。配送先や配送希望日などを入力して注文を済ませます。

支払い方法はほとんどのお店がクレジットカード払いですが、一部銀行振り込みなどにも対応しているお店があります。

配送希望日に受け取る

受け取り前日や前々日くらいに、WiFiルーターの発送連絡が来ます。その後、配送希望日にWiFiルーターが届くので、受け取りをします。

WiFiルーターの使い方は簡単です。本体と一緒にSSIDやパスワードが書かれた紙・シールなどが必ず入っているので、それを参考にスマホやPCなどでWiFiを拾って繋げるだけです。届いてすぐに利用することできます。

返却の手続きをする

利用最終日までに、返却の手続きを済ませましょう。

返却方法はお店によって異なり、宅配便で返却するところもあれば付属のレターパックで返却するところもあります。往復送料を取るお店はだいたいレターパック返却になります。レターパックは街中のポストに入れるだけで郵便物と同じように出すことができるため、手軽でおすすめです。

まとめ WiFiルーターのレンタルは宅配型がおすすめ

今回は、宅配型のWiFiルーターレンタルショップをご紹介しましたが、もしWiFiルーターをレンタルするのであれば店舗型よりも宅配型の方がおすすめです。金額・便利度などで宅配型の方がはるかに使いやすいでしょう。

注意点として、年末年始やお盆の時期など最もレンタルが込み合う時期は宅配型でも在庫切れが起きる場合もあります。その時は配送希望日が先の日付しか指定できなかったり注文自体ができなくなったりします。あらかじめ予定が決まっている人は早めに予約をしておくのが良いでしょう。

関連記事:【店舗型】国内用のWiFiルーターレンタルサービス紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする